×

スロット イベント 関西 SANKYOの2024年3月期第3四半期7spin カジノは増収増益

SANKYOは7日、2024年3月期第3四半期の連結7spin カジノを発表。売上高1705億8800万円(前年同期比プラス33.2%)、営業利益652億6400万円(同プラス35.9%)、経常利益658億7900万円(同プラス35.1%)、四半期純利益482億4400万円(同プラス24.8%)で増収増益となった。

パチンコ機関連事業は、売上高1298億4000万円(前年同期比プラス25.4%)、営業利益567億円(同プラス25.5%)。「ぱちんこ シン・エヴァンゲリオン Type レイ」と「スマパチ シン・エヴァンゲリオン Type カヲル」を合計6万1000台販売したほか、「フィーバーかぐや様は告らせたい 」(1万4200台販売)や「ゴジラ対エヴァンゲリオン ~G細胞覚醒~ PREMIUM MODEL」(7800台販売)などを販売し、累計販売台数は26万363台(同プラス17.2%)だった。

パチスロ機関連事業は、売上高231億7600万円(同プラス63.5%)、営業利益110億7500万円(同プラス74.7%)。期中の新規タイトルの販売はなかったが累計販売台数は5万1020台(同プラス69.7%)となった。

補給機器関連事業は、売上高172億円(同プラス69.9%)、営業利益15億円(同プラス141.9%)となっている。

また、増産・再販機種や主力シリーズ機を中心に販売単価が堅調に推移したことに加えて、補給機器関連事業において、スマート遊技機の普及により、専用ユニットの卸売り及びホールの設備更新需要が増加したことから、2024年3月期通期の連結業績予想を上方修正。修正後の業績予想は、売上高1970億円(前回発表予想比プラス220億円)、営業利益710億円(同プラス115億円)、経常利益720億円(同プラス120億円)、純利益525億円(同プラス110億円)とした。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
- , ,

© 2024 スロット