×

スロット イベント 関西

平和は9日、2024年3月期第3四半期の連結決算を発表。連結経営成績(累計)は、売上高1028億400万円(前年同期比マイナス11.6%)、営業利益193億1400万円(同マイナス31.4%)、経常利益185億4600万円(同マイナス33.3%)、四半期純利益116億900万円(同マイナス43.4%)となった。

カンボジア 国境 カジノ事業においてパチンコ機では「eルパン三世 銭形からの招待状」(6412台販売)等を販売し、累計販売台数は2万3272台(前年同期比マイナス3万8651台)。パチスロ機は「Lラブ嬢3~Wご指名はいかがですか?~」(5918台販売)等を販売し、累計販売台数は3万8726台(同マイナス5504台)。パチンコ・パチスロ共に販売台数が前年同期を下回り、売上高263億2200万円(前年同期比マイナス39.3%)、営業利益26億1700万円(同マイナス82.7%)で大幅な減収減益となった。

ゴルフ事業では、堅調なゴルフプレー需要に加えて、ビジターのロッカー利用の選択制、フェアウェイカート乗入の有料化といった収益構造改善の施策の奏功、旺盛な需要を取り込んだ価格設定による顧客単価の上昇、前期に取得したゴルフ場が貢献したことにより、売上高764億8100万円(前年同期比プラス5.0%)、営業利益186億8500万円(同プラス23.2%)と、増収増益となった。

また同日、2024年3月期通期の連結業績予想の修正を発表。修正後の業績予想は、売上高1354億円(前回発表予想比マイナス192億円)、営業利益226億円(同マイナス74億円)、経常利益216億円(同マイナス71億円)、純利益137億円(同マイナス73億円)と下方修正。修正の理由は、ゴルフ事業は好調であったものの、カンボジア 国境 カジノ事業を補うには至らず、売上高及び各利益が前回発表予想から減少する見通しとなったため。なお、カンボジア 国境 カジノの型式試験適合に時間を要しており今期発売を計画していたカンボジア 国境 カジノを数機種来期に見送ったことにより、販売台数はパチンコ機2.8万台(前回発表予想は7.9万台)、パチスロ機6.4万台(前回発表予想は6.1万台)と、期初予想を大幅に下回るを見込となった。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, カンボジア 国境 カジノメーカー
-, ,

© 2024 スロット