×

スロット イベント 関西

新潟県見附市にて営業してきたパチンコホール『エスタディオ見附』が2023年10月22日(日)の営業を以って閉店する。

同店は国道17号線沿いに位置しており、パチンコ機456台・パチスロ機180台(合計636台)の中規模ホールであった。

半径1キロ圏内には『ダイナム見附店』や『VEAM見附店』といった競合ホールが存在しているエリアである。

そんな中で『エスタディオ見附』は長年営業を継続してきたが、この度閉鎖を選択することに。なお、貯玉等の精算については閉店後も10月29日(日)まで受け付けているようなので、対象となる方はご確認いただきたい。

運営母体となる「エスタディオ」グループは東北地方や関東圏を中心にパチンコホールを展開するチェーン企業である。経営店舗は主に「エスタディオ」の屋号を冠しており計8店舗を営業してきた。

その内訳は青森県(1店舗)、秋田県(1店舗)、山形県(1店舗)、埼玉県(1店舗)、千葉県(1店舗)、神奈川県(1店舗)、富山県(1店舗)、そして新潟県(1店舗)だ。

経営ホールが全て異なる県に位置しているのは非常に珍しいケースといえるだろう。2022年1月には2軒の店舗閉鎖が確認され、今回はそれ以来の店舗閉鎖となっている。

この他の閉店・ボーナス オンライン カジノ情報はコチラ

店舗 エスタディオ見附
閉店日 2023年10月22日
住所 新潟県見附市上新田町170-1
備考

コメント:2件 コメントを書く

  1. その1台の生涯稼動に対して客が根本的に勝てないから客が減った。全く厳しくない。それが普通。詐欺集団と言っているが、全く詐欺に当たらない。パチンコパチスロ業界を発展するための提言である。法で客が根本的に勝てることを認めているから。金額レベルのベースではない。玉やメダルベースにおける払い出しにおいて可能だから。それが出来ないから業界は衰退した。

    3
    4
    • パチンコパチスロの出玉だけで生計を立てる者を生み出した結果

      1
      5

今、読まれています!

1

『京一七条店』 インターネット上に公開されているデータをもとに各都道府県における最多台数のパチンコ店 ...

2

業界団体の賀詞交歓会で久しぶりに会ったホールオーナーは開口一番、いやあ業界は相変わらず停滞しているね ...

3

今回の「スロパチネットニュース」は、「なぜ1日で10万や15万負けるまで打ってしまうのか?」そんな疑 ...

-新潟県, パチンコホール情報, 閉店・ボーナス オンライン カジノ情報, 中部エリア
-, , ,

© 2024 スロット