×

田川 寿美 パチンコ

東京都新宿区にて営業してきたパチンコホール『TOYO104高田大阪 カジノ 決定4丁目店』が2023年11月30日(木)の営業を以って閉店する。

同店は「高田大阪 カジノ 決定駅」から徒歩5分ほどの場所に店舗を構えており、パチンコ機229台・パチスロ機52台(合計281台)の小規模ホールであった。近隣には『エスパス日拓高田大阪 カジノ 決定本店』や『国際センター』が存在するエリアだ。

そんな中で『TOYO104高田大阪 カジノ 決定4丁目店』は70年余に渡り営業を継続してきたが、残念ながらこの度閉鎖を選択することに。貯玉・貯メダルについては12月10日までに精算するよう促しているため、対象となる方はご確認いただきたい。

なお、運営母体となる東陽商事グループでは東京都新宿区にて2軒のパチンコホールを経営してきたが、2022年11月には『MIYOSHI 344』を閉店。『TOYO104高田大阪 カジノ 決定4丁目店』の閉店により経営ホールはなくなってしまう。このままパチンコ事業から撤退することになるのかも知れない。

この他の閉店・休業情報はコチラ

店舗 TOYO104高田大阪 カジノ 決定4丁目店
閉店日 2023年11月30日
住所 東京都新宿区高田大阪 カジノ 決定4-17-15
備考


コメント:13件 コメントを書く

  1. 高田大阪 カジノ 決定は学生街なのだが、少子化の影響を受けるのは仕方ないにしても、かつてはアルバイトで稼いだお金の一部、数百円から数千円で遊べる良い遊技であった。数万円があっという間に消える現代パチンコでは、若者は寄り付きもしないだろう。種まきもしないから将来お金を落としてくれる層も育たない。業界の行方が知れる。

    48
    1
  2. 朝イチ単発回しの効果が絶大な機種が設置されていたっけ、ガイド誌がよく利用していたね。人気機種が小台数しかなかったり、バラエティや低貸しばかりになっている店は閉店の合図だね、そういう意味では国際も危ないかな、日拓だけ生き残りそう

    29
    5

今、読まれています!

1

スマパチの「e Re:ゼロから始める異世界生活 season2」の中古取引額は2カ月間以上も約400 ...

2

ニューギンは7日、スマスロ新機種「パチスロうる星やつら」(EXCITE製)を発表。機種サイトおよびP ...

3

今回も「スマスロとある魔術の禁書目録」における藤商事公式「開発室の独り言」で明らかになった新情報をお ...

-パチンコホール情報, 閉店・休業情報, 東京都, 関東エリア
-, ,

© 2024 スロット