×

パチスロ エウレカセブン 3 天井

愛知県内最大のパチンコホール『ZENT名古屋北店』

前回見たように、1店舗あたりの平均設置台数は増加傾向にあり、直近の集計において1000台以上の巨艦ホールは全国に440店舗ある。

それでは、この超大型店舗はどの地域に、そしてどのグループに多いのだろうか。

まずは、都道府県別に見ていくが、1000台以上の店舗は秋田県、島根県、沖縄県を除く43都道府県にあり、10店舗以上存在するのは下表の通り13都道府県であり、その中でも「愛知県」と「大阪府」の該当店舗数が他地域よりも圧倒的に多かった。

1,000台以上の店舗が10店舗以上ある都道府県
都道府県 店舗数 店舗比率
愛知県 56店舗 15.1%
大阪府 51店舗 11.1%
東京都 28店舗 5.4%
神奈川県 27店舗 8.0%
埼玉県 24店舗 7.9%
千葉県 19店舗 7.1%
兵庫県 19店舗 6.9%
北海道 17店舗 4.7%
岐阜県 14店舗 13.3%
岡山県 10店舗 10.0%
熊本県 10店舗 8.7%

このように「東京都」も店舗数は3番目に多いのだが、「愛知県」の半分であり、店舗比率では5.4%と少なかった。

ちなみに、上表以外で1000台以上の店舗比率が10%を超えていたのは「富山県(6店舗、11.3%)」のみであった。

次に経営グループ別に見ていくと、1000台以上の店舗数が10店舗以上あるのは下表の13グループであった。

1,000台以上の店舗が10店舗以上ある経営グループ
経営グループ名 店舗数 店舗比率
マルハングループ 43店舗 13.7%
NEXUSグループ 23店舗 33.8%
アンダーツリーグループ 16店舗 11.7%
ガイアグループ 16店舗 19.8%
キング観光グループ 14店舗 56.0%
善都グループ 14店舗 56.0%
平成観光グループ 12店舗 70.6%
ベガスベガスグループ 12店舗 31.6%
延田エンタープライズグループ 12店舗 19.0%
浜友グループ 11店舗 44.0%
セントラルグループ 10店舗 58.8%
日光商事グループ 10店舗 52.6%
フェイスグループ 10店舗 41.7%

このように、営業店舗数が他グループよりも圧倒的に多い「マルハングループ」が1000台以上の店舗数では最も多かったのだが、比率を見ていくと「キング観光グループ」「善都グループ」「平成観光グループ」「セントラルグループ(コンコルド)」といった東海圏を中心に店舗展開している経営グループの1000台以上店舗比率が軒並み50%を超えており、「愛知県」の1000台以上の店舗数が全国で最も多かったのも当然といえるだろう。

昨年1年間で1000台以上の店舗数は29店舗増加したが、来年同時期に再度集計したら何店舗増加するのだろうか。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

今、読まれています!

1

愛知県内最大のパチンコホール『ZENT名古屋北店』 前回見たように、1店舗あたりの平均設置台数は増加 ...

2

「Pとある魔術の禁書目録2」(JFJ製) 2024年1月においてパチンコは12機種発売された。今回は ...

3

「パチンコ店で起きている謎を解決する」をコンセプトに、視聴者から寄せられた質問に「マスター」が答える ...

- パチンコ経営企業分析
-

© 2024 スロット